2019年9月5日木曜日

【某中堅私鉄勤務の社畜鉄道マン】No,0000005「第1日目~新千歳空港では先ずはこれをやってから~」

某中堅私鉄勤務の社畜鉄道マンが語る
徹底したプロ目線とビジネス感覚で斬る
今までなかった新しい旅ブログ

No,0000005
試される大地を北海道フリーパスで巡ってみた
「新千歳空港ではまずはこれをやってから」

==

◆秋の北海道に来てしまった
新千歳空港。CTS着。なんかアルファベットの方がカッコいい。笑。

秋の北海道は透き通るような冷たい空気。遠くまで来たな。と思いながらも社畜鉄道マンといいながら空の旅が大好き。だって鉄道会社で働いていると。骨の髄まで嫌なところが見えまくってしまうので。本当にしんどかったりするんです。

愛用している翼。スカイマークのスカイカフェ。全て無料でいただけます。笑。空の上でインスタントコーヒーとキットカット。実はこれ最高の組み合わせなんですね。


順調な飛行を続けているのは良いとして。こんなカバーに思わず見入ってしまいます。スカイマークさんも就航から20周年。「空に、革命を起こそう」というCMが本当に好きでした。時が経つのが本当に早い。笑。私には「周年」の文字が「執念」に見えてしまうところが病気ですね。会社が傾くどころか一度はつぶれてしまって。それでも元気に飛び回る姿を見て私は応援したくなってます。事実、お仕事の方でも関係が深いです。


新千歳空港に到着する直前。窓からは北海道電力さんの要でもある「苫東厚真石炭火力発電所」を見ることができます。インフラ企業って私もそうですが、施設管理や維持って命を削って頑張ってるのに。想定外のことが起きまくる業界なんですよね。必死こいてやっても「あって当たり前」の世界。誰からも評価されないことだって。涙。


◆北海道についたら先ずはこれをやる
余裕の腹ごしらえ。笑。北海道っぽいものを食べる。私の場合は何回来てもこれですね。そう。皆さんも大好きなスープカレー。新千歳空港に専門店なんかも何店舗かあって。とにかく北海道に来たことを実感できる「グルメ」を。

飛行機だと到達までの時間が短すぎて。ここまでやってきたぞ!っていう感慨が全くないのも原因かと思います。苦笑。昔は青春18きっぷを握りしめ自宅から延々と5日間ぐらい掛かって札幌まで。ということをよくやってました。


お野菜がいっぱい入ったスープカレー。鉄道旅行は時間が全くないこともあるので、こういった野菜たちを味わえるのも本当に貴重です。とにかく美味い。もう少しライスの量が多くてもいいかなとは思うのですが。笑。それは私が食いしん坊なだけ?人参にチキンと茄子が最高。本当に幸せなひと時です。


スープカレーをしっかりと堪能したら。私がまずやること。それは関係各所にお土産を購入の上で直ぐに発送してしまうこと。笑。プランニングの段階でもそうですが、初日の飛行機が遅延すると旅程などに影響してしまうため。できるだけ初日の行程はルーズに組む方が無難です。ギリギリの接続時間だと鉄道のように正確な運行ではないので、一気にその日の行程が崩れてしまって。やる気がなくなることもしばしば。飛行機を使った北海道入りは実のところ。結構難しいところも多いのです。

◆JR北海道を感じる瞬間とは
やっぱりこれでしょう。「しんちとせ くうこう」という平仮名。そして萌黄色。JR北海道さんのコーポレートカラーである萌黄色に癒されます。笑。なぜか半角スペースを空けるという謎のデザインですが。私が最も気になるのはコレ。


英語表記。インバウンド需要が高まる中でこの英語表記って正しいのでしょうか?と早速ではありますが私の中での事業者目線。新大阪駅と新横浜駅。「New Osaka」の方がなんかカッコいい?と、冗談を言っている場合ではありません。

「AP15」という駅ナンバリングしかり。この駅目看板が個人的には非常にツボでして先程申し上げた「半角スペース」についても。おかしくない?といつも思っています。

コーポレートアイデンティティ。要するにCIな訳ですが。企業イメージの構築とブランディングにおいては極めて重要な要素を占めるわけです。人のことばっかりで自分を顧みていませんが。当社においてもCIは「どこで売ってるの?」という状況。笑。

こういった統一感はお客様にも安心を与える。これを上層部に理解させるのが極めて難しいのですが、着実に取り組んでいかねばなりません。


堅い話になったので。こちらもご紹介。ようこそ北海道へ。JR北海道さんの特急列車がお出迎えしてくれます。やっぱりコレ。早く乗り回したい。笑。それを思うとあなたも病気ですよー。笑。


快速エアポート117号。実はこれには乗りません。笑。快速エアポートにはグリーン車級の設備といっても過言ではないお得な指定席車両が連結されています。この「U」って紋章を見るのも「北海道に来たなぁ」というスイッチになるかも。


無骨な面立ちながら。いつも暖かく迎えてくれる733系の快速エアポート。これに敢えて乗らないのは「札幌行き」だから。かな。乗換面倒くさいし。北海道の旅の前半は函館本線を小樽まで。そして大昔は特急街道であった通称「山線」を通る計画にしています。


駅名看板にケチをつける社畜鉄道マンですが。北海道が好きというより、JR北海道も好きなのかもしれません。いよいよ始まった北海道の旅。到着したばっかりなのに。早速グルメにお土産購入などの奇怪な行動を続けていますが、そろそろ本格的に電車に乗ってちゃんと旅に出ようと思います。笑。

2019年08月05日(月)ぐっち執筆